空隙歯列弓、上顎前突(子ども) 非抜歯 N.M様(I期・II期治療終了)

装置:プレート(移動用ネジつき)  ナンスのホールディングアーチ  マルチブラケット
主訴:出っ歯 上下顎前突を治したい
診断名:上顎前突 空隙歯列
初診年令:13才6ヶ月


■治療前説明
中学生での来院です。出っ歯で上の歯の位置が大きく左にずれています。従って歯の真ん中も大きく左にずれています。
側方歯部にスペースが多いこと及び本人の希望もあり、抜歯治療は避けたいので、移動用ネジ付きプレートを使い、右の奥歯を後ろにずらすことから始めました。
必要量の移動をしたあと、ナンスで固定し、マルチブラケットを付けて上の各々の歯を右に移動させます。
症例
次へ

■治療後説明
良好な終了です。
治療期間:Ⅰ期1年 Ⅱ期2年2ヶ月
費用:約64万円
考えられるリスク:非抜歯希望が強いケースでしたが、同時に非抜歯の方が結果が良いと思われるケースでした。但しそれなりの時間がかかる予定でした。結果的にはまだ中学生だったこともあり、歯の移動は比較的スムースにできました。
症例
 

無料矯正教室の申し込み

まずはご相談ください

まずはご相談ください