【マルチブラケット装置】現代の矯正治療の主役 大人の矯正治療 子どものⅡ期治療も

マルチブラケット装置

マルチブラケット装置とは、歯の1つひとつにブラケットという小さな装置を接着し、それにワイヤーを通して少しずつ力を加えることにより、歯並びを三次元的に整えていく装置です。いわゆる「ワイヤー矯正」に用いる、最もポピュラーであり、なおかつ最も信頼度の高い矯正装置です。また、弱いワイヤーで動かすため、痛みも無いと言って良いでしょう。

全部の歯の位置と傾きを同時に動かすためほとんどの症例に対応でき、治療効率が良く、治療結果も優れているといったことから、大人の矯正の主役の装置です。また、子どもの矯正においても、前歯を整えるなど、随所で重要な役割を果たします。

マルチブラケット装置を用いて行う矯正テクニックとしては、断面が四角のワイヤーを用いる「エッジワイズ法」が主流です。当院では主にエッジワイズ法の中の「スタンダードエッジワイズ法」を採用しています。

マルチブラケット装置一昔前までは金属製のブラケットが主流だったため、"ギラギラして目立つ"という印象が強く、そのデメリットを避けるためにさまざまな治療方法が開発されてきたと言えるかもしれません。ですが、三次元的かつ精密な歯の移動を可能とするには、ワイヤー矯正が最も有効です。

最近では、不正咬合の一部はマウスピースなどでも歯列矯正が可能と言われているようですが、治療結果として満足できるレベルではありません。そこで当院では、マルチブラケットを中心として、個々の患者さんに適した、ていねいで精密な矯正を行っています。

また、現在では装置の改良が進んでいますので、ブラケットは小型化され、目立たない色のブラケット(審美ブラケット)も登場しています。ただし、性能では金属製の方が優れている面もありますので、当院では、見えにくいブラケットを主としながら、用いる箇所によって使い分けています。
 
ブラケットの種類(素材)と特徴
マルチブラケット装置●金属製ブラケット
【メリット】
ワイヤーの滑りが良いことから、ほかのブラケットに比べて多少早く歯が動く
【デメリット】
銀色なので治療をしているのが目立つ

マルチブラケット装置●セラミック製ブラケット
【メリット】
ブラケットの色が歯の色に近いので、矯正していることが目立たない
【デメリット】
金属ブラケットに比べると強度に劣り、稀に割れてしまう場合がある

マルチブラケット装置●レジン(合成樹脂)製ブラケット
【メリット】
セラミック製ブラケットと同様に、矯正しているのが目立ちにくい
【デメリット】
ブラケットが大型で磨耗しやすく、柔らかすぎてワイヤーの力が歯にきちんと伝わりにくい
 

子どものⅠ期治療の主役は色々の矯正装置

フレンケルフレンケル
子どもの矯正に用いる機能性矯正装置のひとつです。噛む力をはじめとするお口周りの筋肉の力を利用して矯正治療を行う装置なので、バネやゴムは使用されていません。頬や唇などの圧力を排除し、かつ上下の顎骨の位置関係を適正に保ち、口腔周辺の筋肉バランスを修正しながら上下顎の自然な成長を促す装置です。出っ歯用や反対咬合用などもあります。

前のページへ戻る
 

ヘッドギアヘッドギア
お口の中で上あごの奥歯につけた小さな装置に差し込み、奥歯を後ろに移動させると共に、上あごの成長を抑制する装置で、主に出っ歯の矯正に使用します。子どもの矯正に用いることがほとんどです。

前のページへ戻る
 

プレート(移動用ネジつき)プレート(移動用ネジつき)
上あごの奥歯を後ろに移動させるなど、さまざまな用途に使用します。ネジを回すことによって、ワイヤーの枠に囲まれた歯が移動していきます。治療効果が確実な装置のひとつです。

前のページへ戻る
 

ナンスのホールディングアーチナンスのホールディングアーチ
奥歯が前に動いてこないよう、奥歯の位置を保つために使用します。

前のページへ戻る
 

急速拡大装置急速拡大装置
歯につける金属のバンドと、歯列の幅を押し広げる拡大ネジから構成された装置です。ネジにより、2週間ほどの短期間で上あごの幅・歯列の幅を広げます。主に子どもの矯正で使用しますが、痛みなどはなく、極めて安全な装置です。

前のページへ戻る
 

プロトラクター(上顎前方牽引装置)プロトラクター(上顎前方牽引装置)
上あごの成長が不足しているために反対咬合が起きているといった、骨格に原因がある反対咬合の治療に使用する装置です。口腔内に取りつけたフックと顔の前方に取りつけたフェイスマスクとの間にエラスティック(輪ゴム)をかけて使用することで、上あごの前方成長を促します。家にいるときに使用します。大変パワーのある装置ですが、使い方で治療効率が違ってきます。

前のページへ戻る
 

リテーナーv
リテーナーは、矯正装置による治療が終了したあとに使用する装置です。矯正装置は歯やあごを動かすための装置ですが、リテーナーは、矯正装置を外したあとに、整えた歯が元の位置に戻ろうとする「後戻り」を防止するために使用する『歯を動かさないための装置』です。
リテーナーには、プレートタイプ、マウスピースタイプ、取り外しができないタイプなどいろいろありますが、最も良く使用されるのはプレートと総称されるタイプです。

前のページへ戻る
 

QH(クォードヘリックス)QH(クォードヘリックス)
上あごの拡大装置のひとつで、作りやすく、性能が優れているので使用頻度の高い装置でもあります。主に成長期のあごの拡大に使用しますが、大人でも、マルチブラケット装置の装着前や装着中に使用することがあります。

前のページへ戻る
 

BH(バイヘリックス)BH(バイヘリックス)
下あごに使い、バネの力で歯列を拡げる固定式装置です。上あごのQH(クォードヘリックス)と対で使われることが多く、形が小さいわりに効果が高いのでよく使われます。

前のページへ戻る
 

拡大床拡大床
子どもの矯正治療方法のひとつである床矯正で使用するプレートです。中央にあるネジを調節することによって、あごを左右に拡げていきます。扱いやすいのですが、ややパワーに欠けます。

前のページへ戻る
 

タングクリブタングクリブ
開咬(オープンバイト)の治療に用います。上あごの大臼歯に装着し、柵の部分は前歯の裏に位置します。この柵によって、歯並びを悪くしている原因の1つである舌癖を防ぎ、舌が前に出てこないようにするための装置で、主に子どもの治療に使用します。場合にもよりますが、かなりの効果がみられます。

前のページへ戻る
 

ジャンピングプレートジャンピングプレート
上あごにつけます。下の前歯があたる部分が斜面になっています。これで下のあごを前に誘導します。食事、歯磨きなどのときは外します。着脱が簡単なので小さいお子さんでも自分でできます。使いやすい装置です。効果はややマイルドです。

前のページへ戻る

まずはご相談ください

まずはご相談ください