«  2015年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月27日

矯正治療が終了した後、リテーナー(保定装置)を使い保定することが必要です。
大変楽な期間ですが、普通数年は保定しますので、付け外し等それなりの面倒はあります。
効果は大きく、面倒は少なく、というわけで保定装置が考案されてきました。

硬質プラスチック製でいくつかの金具を歯にかけて使うタイプがあります。着脱式です。
保定効果は一番高く、かつ取り外しもしやすく清掃、耐久性にも優れているので、非常によく使われます。プレートタイプと言われます。

透明な薄いプラスチック製で歯にかぶせるタイプがあります。これも着脱式です。
クリアリテーナーなどと言われます。保定力、耐久性、清掃性で劣りますが、やはり使いやすく安く簡単に作れるので、これもよく使われます。

歯の裏側から、接着剤で貼り付けるタイプがあります。これは固定式です。
使用感は殆ど無く、簡単で良いのですが、取れやすく、それに気がつかない場合後戻りをさせてしまう危険があります。信頼性が足りないのです。
 また、保定力が弱く場合により、使えないケースがあります。

以上が殆どです。プレートタイプが一番多く、次がクリアリテーナータイプ、固定式はずっと少なくなります。

2015年3月22日

矯正治療が終わった後は保定が必要です。簡単な装置を使い、歯が並んだ状態を保つのです。大人の矯正治療終了の際、必要であることは知られています。

矯正治療は、顎の骨を動かし、歯を動かします。しかし治療完了時で放置すれば戻ってしまいます。従って保定は大人の矯正だけでなく、子供の矯正後にも必要です。
 但し、子供の保定は、それまで使っていた金属ないしプラスチックの装置を、そのまま使うことによって達成されることが多く、期間も短めです。全体の流れの中であまり意識されないことがよくあります。

しばらく前に、ある反対咬合の小学生のケースがありました。
 検査結果は骨格に問題のある反対咬合であったため、上顎を広げ、上顎前方牽引をし、改善しました。
 改善後は元の装置を時間を減らして使い、保定しました。本人は気がつかなかったと思いますが、Ⅰ期治療(子供の矯正)期間の半分くらいは保定期間です。
 しかし反対咬合の場合、もうしばらく保定が必要です。そこで専用のプラスチックの簡単な装置を作り使ってもらいました。

 このような時、保定の必要な旨よく説明しますが、どうしてもよく理解して頂ける場合とそうでも無い場合があります。上のケースではなかなか認識が得にくく、途中でプラスチック装置を使用しなくなったようです。元々が十分な改善結果で、保定も半分くらいは済んでいるわけですから、反対咬合の状態まで後戻りはしなかったのですが、やや心配しました。

2015年3月17日

2009 01 25長者ヶ崎03s.jpg今BS103で放送中です。深田久弥の日本百名山を半年かけて一筆書きに登る番組ですが、登場するプロアドベンチャーレーサーの田中陽希さんがとても魅力的です。
背が高く、細身で出っ歯が目立つ人です。

でもものすごい体力、普通のコースタイムの半分くらいで山を登り、平地の移動では小走りです。これを半年やったのですから感心しました。性格はお茶目のようで単なる山登り番組より大分楽しめます。

 私も学生時代は山のクラブでよく登りました。もちろん田中さんのようなスーパーマンでは無かったのですが、随分楽しみました。
 その頃のお仲間とは今もしょっちゅう飲んだり、旅行に行ったりしています。
 またクラブのOB会主催でOBが適当に集まっては街歩きをしたり、ハイキングに行ったりします。これにもちょくちょく参加しています。学生時代の付き合いそのままで遠慮無く、誠に楽しいものです。実は昨日も高田馬場で飲み会でした。
 健康に良く、気持ちのリフレッシュにもなる、こんな活動を続けていきたいと思っています。

 なお、TVで田中陽希さんの出っ歯を見ると治したくなるのですが、余計なお世話でしょうね。

2015年3月16日

散り始めた梅に大きめの鳥がやってきて、枝をしならせ花の中にくちばしを突っ込んでいます。よく見ると太ったひよどり! こうなるともうめじろは寄りつきません。
季節はそろそろ梅から桜です。

北陸新幹線が開通して東京-金沢が2時間半。とはいえ、日本海側はまだ冬景色ですが。

新学年になる4月以降の予約は、皆様てさぐりで入れておられます。
これも毎年の春の風景です。予約の変更はどうぞご遠慮なく、お早めにお願いいたします。

2015年3月15日

典型的な出っ歯さんは上の前歯が前に飛び出ています。赤塚不二夫風に言えば「イヤミの出っ歯さん」という状態です。
 見た目が気になり、治療を希望されるお母様も多いのですが、そのままにしてしまうケースも少なくありません。

子供は日常、たまたま自転車や友達とぶつかったり、あるいは何かのはずみで転ぶことも少なくありません。
その時、こうした出っ歯さんは前歯が地面にぶつかり、折れないまでも、口の中にめり込んだりすることが結構あります。
 まずは口腔外科で応急手当をしてもらいます。整復、固定、投薬等です。これで一応見た目の現状回復はできるでしょう。

但し、その後で矯正治療をしようとする場合、見過ごせない問題が残ります。
元の位置に戻した歯が、周囲の骨と癒着を起こしている場合が多いのです。

この場合、骨に癒着した歯は矯正治療では動きません。外科的処置で位置を変えるか、抜いてしまうしか無いのです。普通の矯正治療計画とは全く違う計画となります。
治療完了時の様子にも影響するでしょう。

 たまにこうした相談を受ける事があります。やはりその歯が動かない可能性があること、そこから生ずる問題をお話します。

 もっとも、治療が全く不可能と言うことではありません。試してみたら歯が動いたこともあります。動かないなりに別の治療計画もあり得ます。

2015年3月14日

0184 mk.jpg
マルチブラケット装置では、装置の一部にフックを付け、それらの間でゴムをかけてもらいます。使う時間は寝ている間から24hまで色々です。
 その役目は、ワイヤーの力に方向性を付けるため、力を追加するため、上の顎と下の顎を関係付けるため、など様々です。
 矯正治療はこのゴム無しではうまくいきません。この意味で矯正治療は患者さんのご協力無しでは成立しないのです。

 当然ですが、医療はすべて、医院に通えば出来る訳では無く、薬の適正な服用など患者さんのご協力が必要です。
 
矯正では装置を使い、ゴムを使い、キチンと歯磨きするご協力が不可欠です。素晴らしい仕上がりになるように、ぜひご協力お願いいたします。

2015年3月13日

痛がり、恐がりの子は時々います。矯正相談でお母様がそれを心配されることがあります。
 矯正治療では、お口の型を取ることに始まり、いろいろな装置をお口に入れるのですからただでさえ痛がり、恐がりの子が治療を出来るのか、と心配されるお気持ちはよくわかります。

 実際に治療できなかった事はありません。初診時で怖がった子でも痛いことはない、とすぐに理解できるのです。
 もちろん、初診時から慎重に接する注意は必要です。無理に口を開けさせたりしないようにします。そうすることで信用が得られるようです。

元々、特に子供のⅠ期治療では痛いことは皆無と言って良いでしょう。痛みを我慢して矯正治療をする、と言うことはあり得ないのです。
 Ⅰ期治療で良く使う装置として拡大装置があります。歯に装置を付けて顎の骨を拡大します。固定式のバネ装置、プラスチック製の取り外し式などありますが、いずれも痛みは普通ありません。痛くないままきれいに顎の骨は広がります。

ついでに言うと、装置を付けるにあたってのお母様の心配は普通は、話をしづらくならないか。ちゃんと食事できるのか、などに集中します。

 これも心配要りません。子供の順応力は驚くべきもので装置をつけた時点で「別に邪魔で無い」との答えがほぼ全部です。
 その後も素直に使ってくれる子が殆どです。痛くもないし、特に邪魔でも無いのですから。

2015年3月12日

基本的には複数の矯正専門医に聞くのは良いことです。

矯正専門医は歯の大きさ、第一大臼歯の関係、不正咬合の程度、上下顎の骨のバランスなど、現在の症状について、たくさんの要素を考えながら、治療法について意見を言います。
 それが各々やはり異なります。もちろん共通点も多いのですが。
特に歯を抜く必要性については、異なる意見が出ることもよくあります。

ともかくご自分の症状、治療法について何回か説明されるわけですから、大ざっぱな理解は出来てくるでしょう。これが複数の意見を聞くことの利点です。
 ただ専門的なことですから、異なる意見に消化不良を起こし、かえってわからなくなることもあるので注意が必要です。

 さらに重要なのは、どの専門医の意見も可能性にすぎない、ということです。
まだ検査データが無いのですから当然です。
 本当は歯を抜く必要性を含め、データを踏まえた確定的な意見でなければ比較にならないのです。

従って複数の専門医の意見を聞くのは良いとしても、どこかできちんと検査に入らないと本来必要なレベルの症状、治療法の理解に到着することは出来ません。

結論としては、複数の矯正相談に行かれるのも悪くは無いが、そればかりではあまり意味は無い、といったところでしょうか。

2015年3月11日

矯正治療の効果の一つに、噛む能力が向上して、胃腸の負担を減らすことが言われます。
実際には長期的に変化しますので分かりにくいのですが、今までに、

ある大人の方から「矯正治療をしてから胃をこわすことが減った」、
あるお母様から「一期治療後、子供がおいしいと言って何でも食べる様になった」などの感想を頂いた事があります。

歯ならびがきれいになって喜ばれるのはもちろんですが、このようなご感想も大変嬉しいものです。
矯正治療は、見た目はもちろん、お口の健康を回復し、気持ちと体の両方の健康を促進する医療ですから。


ある大人の例は
0223 2002 05 07kh 初診 上顎.jpg0223 2004 09 06kh 上顎.jpg0223 2004 09 06kh 前.jpg

2015年3月 9日

0504 2011 03 23 mn 初診 前s.jpg0504 2012 06 05 mn 前s.jpg
0463 2009 07 11 ks 初診 前s.jpg0463 2013 12 10 ks 前s.jpg
上の写真は部分矯正で、下の写真は全体矯正です。左が治療前、右が治療後。

他はそんなに悪くないのに、上の真ん中の歯2本だけ重なっていることがあります。結構目立ちますね。

このようなケースで、ある場合は全体で矯正が必要、他の場合は上顎の前方部のワイヤだけで直せる、という違いが出ることがあります。

一番の要因は重なり合いの程度です。同じくらい重要なのは歯の大きさです。他にも前歯の出方、顎の骨の大きさ、上下の大臼歯の関係など色々調べます。

費用にも治療期間にも影響しますので色々な要因を調べ最適の方法を考える事になります。

この例では、下写真の方は、途中から転勤で隣県に引っ越しましたが、がんばって静岡まで通ってくださいました。
幸い大人の矯正にありがちな予想外の支障は殆どありませんでしたが、大変だったと思います。。
有り難うございました。

0107 2007 02 20 no 前s.jpg0107 2000 6 14 no 初診 右s.jpg 
虫歯や歯周病のリスク低下、噛む能力向上による胃腸負担軽減、発音改善、脳血流増加等々、体の健康への効果が言われます。

 しかし気持ちの健康の改善は重要な効果です。
歯ならびが良くなると、気持ちが明るくなり、日々の行動に積極性が増すとよく言われます。とても良いことですね。

 以前、高校生から大学生にかけてある出っ歯さんを治療しました。
治療が終わる頃には持ち前の性格もあり、勉強にお付き合いに誠に積極的な人となり驚かされました。その後就職していい社会人になりました。
 かなりの出っ歯さんでしたから治療したことの良い影響は大きかったと思います。
 
 追加ですが、この方は他で上の歯二本を抜歯の必要がある、と言われ、それがいやで当院に見えました。

当院では検査の結果、歯を抜かずに治療でき喜ばれました。
検査結果をよく検討すれば歯を抜かずに治療できるケースは結構あります。
 特に中学生、高校生の矯正では。

2015年3月 6日

矯正歯科は予約制です。

というのは矯正治療では内容による治療時間の差が大きく(10分くらいから1時間以上のことも)、
しかも次回の内容を予測しやすく
予約制にすればほとんどのケースでお待たせしないで済むからです。

もちろん急患は随時受け付けですがそれでも時間予約いただければ、お待たせすることはきわめて少なくなります。

 逆に予約制で無い場合、偶然時間のかかる方が重なると待ち時間が長くなりすぎ、かえってご迷惑と思われます。

 ちょっと面倒ですが時間を決めて頂き、お待ち頂く時間を最小にするようにしています。御協力をお願いいたします。

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
かたやま矯正歯科 院長 片山 綱

かたやま矯正歯科
http://www.hanarabi.biz/
院長 片山 綱

【略歴】
静岡高校 卒業
早稲田大学卒業
国家公務員上級職試から公的機関
東北歯科大学 入学
神奈川歯科大学大学院 修了
鎌田歯科矯正クリニック勤務

【所属団体・資格】
歯学博士(矯正歯科学臨床)
日本矯正歯科学会認定医
Tweed Course (USA)修了
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会 他
読売ウィークリー(読売新聞社)特集「頼れる矯正歯科医650人」に選ばれる(2008年)

医院サイトはこちら
かたやま矯正歯科医院サイト