2014年8月 8日

当院の治療例

叢生(子ども) K.U様(I期治療のみ)

装置:拡大床  治療後装置:リテーナー
■説明
上の前歯がねじれています。自然に治ることは期待できません。この場合、下あごが噛みこんだときに下の歯がぶつかるので、下あごが後ろに逃げ、出っ歯になることもあります。
そこでまず、拡大床を入れて上あごを広くします。そして上の前歯にブラケットを付け、ワイヤーを入れてねじれを治します。
症例
次へ

■治療後説明
I期治療終了です。きれいに揃いました。このあとは、生え替わりを観察していきます。リテーナーをしばらく使います。
症例

叢生(子ども) M.S様(I期治療のみ)

装置:QH(クォードヘリックス)
■説明
上の犬歯の入る余地がほとんどありません。上あごの骨が小さいので、徐々に上あごの大きさを拡げることにしました。
症例
次へ

■治療後説明
I期治療終了。永久歯に交換したところです。子どもの矯正の段階としては十分でしょう。
症例

叢生(子ども) N.O様(I期治療のみ)

装置:ヘッドギア
■説明
上右犬歯と上側切歯が飛び出しています。かなりの叢生ですが、骨のバランスは悪くありません。
まず、上の奥歯を後ろにずらしてスペースを作り、それからそのスペースを各々の場所に集めます。
症例
次へ

■治療後説明
I期治療終了です。飛び出していた歯がきれいに収まりました。
症例

叢生、反対咬合(子ども) 非抜歯 S.O様(I期・II期治療終了)

装置:QH(クォードヘリックス)  プロトラクター  マルチブラケット
■説明
極度の叢生に反対咬合が重なっています。歯は大きいですが、あごの骨は普通サイズです。
上あごをQH(クォードヘリックス)、プロトラクターで拡大後、マルチブラケットを使用。
症例
次へ

■治療後説明
きれいになりました。
症例

叢生(子ども) 非抜歯 Y.O様 (I期・II期治療終了)

装置:急速拡大装置  マルチブラケット
■説明
中学生で来院されました。上顎骨が相当に狭いため、I期治療では急速拡大しました。II期治療時にていねいに再検討し、非抜歯でマルチブラケットを使いました。
症例
次へ

■治療後説明
きれいに並びました。
症例
 

叢生(大人) 抜歯ケース R.O様

装置:プレート(移動用ネジつき)  ナンスのホールディングアーチ  マルチブラケット
■説明
叢生がかなりきつい状態です。歯も大きく、見た目も考えて抜歯ケースとしました。
上の左奥歯が前に来すぎています。それをネジ付プレートでまず少し下げてスペースを作ります。
ナンスで止めて、マルチブラケットを使用。このとき上下の小臼歯を2本ずつ抜歯しました。
症例
次へ

■治療後説明
終了です。
症例

叢生(大人) 非抜歯 Y.S様

装置:QH(クォードヘリックス)  BH(バイヘリックス)  マルチブラケット
■説明
中程度の叢生です。しかし、歯の大きさと骨の大きさとのバランスは見た目ほど悪くありません。非抜歯としました。
少し骨が足りないので、QH(クォードヘリックス)で拡げました。なお、下あごも拡げる必要があり、BH(バイヘリックス)と呼ばれる装置を使いました。
症例
次へ

■治療後説明
理想的な並び方、歯の角度です。少し骨を拡げたことが良い結果につながりました。
症例

叢生(大人) 非抜歯 N.A様

装置:プレート(移動用ネジつき)  ナンスのホールディングアーチ  マルチブラケット
■説明
中程度の叢生です。歯の大きさが許容範囲内、非抜歯です。とはいえ、少し骨が足りません。
そこで奥歯をプレートで後ろに下げました。下げたあとは、ナンスで固定。
その後、マルチブラケットを使用しました。
症例
次へ

■治療後説明
上の奥歯をあらかじめ下げるなど、ていねいな治療の甲斐があったようです。
症例

叢生(大人) 抜歯ケース C.T様

装置:QH(クォードヘリックス)  マルチブラケット
■説明
かなりの叢生です。歯も大きい。これは抜歯するしかないでしょう。抜歯しても骨の大きさが不足しそうです。
そこでまず、少し骨を拡げます。大人でも少しなら広がります。次に虫歯の小臼歯を選んで抜歯しました。その後、マルチブラケットを使用。
症例
次へ

■治療後説明
きれいに並びました。良く噛めるようになりました。
症例

叢生(大人) 非抜歯 K.S様

装置:プレート(移動用ネジつき)  マルチブラケット
■説明
普通は抜歯ケースでしょう。しかしあごの骨の大きさ、歯の大きさ、叢生の状態など色々検討すると、非抜歯でできそうです。まず、奥歯を後ろに下げ、それからマルチブラケットを使いました。
症例
次へ

■治療後説明
終了です。
症例
 

まずはご相談ください

まずはご相談ください