当院の目標は、生活を豊かにする質の高い治療です

院長あいさつ

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
かたやま矯正歯科の院長、片山 綱です。
私は、大学病院矯正科および矯正歯科専門医院での臨床を経て、歯学博士、日本矯正歯科学会認定医として矯正医療に従事してまいりました。

当院では、生活を豊かにする「質の高い」治療を目標に、技術と工夫を持って、
できるだけ歯を抜かない、
また子どもでは積極的に成長を利用し、顎の骨格を改善し、歯を抜かないで良いかみ合わせを達成する、
矯正歯科治療(歯列矯正)を行っています。

矯正治療は、歯並びを整えて、健康的な笑顔を作り出します。口元のコンプレックスが「大きな口を開けて笑えない」「人と会ったり話したりするのが億劫だ」といった「気持ちの負担」となっている方の場合、そんな気持ちの負担が矯正治療によって解消されると、心が健康になり、日々の生活をより豊かなものにできる可能性があるのです。

患者さんの心と体の健康のために

院長あいさつ歯列を矯正することは、見た目を美しく整えると同時に、健康な噛み合わせを実現することも意味します。良い歯並び、良い噛み合わせは、咀しゃく能力を高めます。しっかり咀しゃくすることは、食べ物を味わい、より美味しく食事をすることにつながります。また、消化・吸収を良くするので、胃腸の負担が軽減されます。

そういったことから、お子さんの矯正治療のあと、保護者の方から「子どもの食が進むようになった」「美味しいと言って、何でもよく食べるようになった」という声を聞くことがあります。また大人の方からも「胃腸を悪くすることが減った」「胃の調子が良くなった」といった感想を耳にします。

また「歯がとても磨きやすくなった」という声も多く聞かれます。歯並びが凸凹していると、陰になる部分に食べ物のカスなどが残りやすいのですが、歯が磨きやすくなると、虫歯や歯周病にかかりにくくなります。また、歯列が良くなると、発音が改善されるといった効果も期待できます。

このように矯正治療は、心と体、両方の健康増進に好影響を発揮するのです。また「自分の歯で良く噛むこと」は、脳の血行を促すことも知られてきています。高齢化社会の到来を考えた上でも「自分の歯」をできるだけ多く残しながら治療しようとする努力が必要だと考えています。

治療終了時の輝く笑顔が私にとっての喜びです

院長あいさつ矯正治療には、術者にとっても限りない魅力があります。ご相談時に十分な時間を取り、さまざまな治療の可能性を考えつつ患者さんと直接お話するのは、とても充実した時間です。そして診断の際には、詳細なデータを元にさまざまな方向性を考え、患者さんにご提案します。

データを正確に読み取り、いくつもの可能性や方向性を見出すことは大変ですが、それこそが重要なことだと考えています。患者さんにとって最良の方向性を見出せたときは、一仕事終わった気分になるほどです。

そして、何より嬉しく、何より一番の充実感を得られるのは、治療が終了して患者さんの装置を外したときです。患者さんが「満足感一杯の表情」を見せてくださったとき、そのときの術者としての嬉しい気持ちは、なかなか言葉では表現しきれません。

矯正歯科治療の特殊性-コミュニケーションの必要性

院長あいさつ矯正歯科治療は「歯を移動して治療する」「子どもの矯正では成長発育の見通しが重要」など、特殊な性質を持ちます。したがって、診断の仕方や治療技術が一般歯科とは大きく異なります。もちろん、矯正歯科専門のトレーニングが必要です。

また医院の設備、雰囲気にも違いが出てきます。矯正歯科専門医院としての当院では、歯を削る音、吸い込む機械の音などがしません。そのため、かなり静かです。よく見ると、治療用の設備も異なります。こうした違いは、矯正歯科治療の特性を反映しているのです。

その静かで落ち着いた環境の中で、患者さんご自身、あるいはお子さんの保護者の方とよくお話をしています。矯正治療は通院期間が比較的長く、回数も多いので、できるだけ今の治療状況や見通しなどをお伝えしています。たまの30分よりも、毎回の数分のお話の方がずっと理解を深めていただけるのです。

雑談や世間話なども交えながらコミュニケーションを深め、患者さんご自身や保護者の方のさまざまなご質問にもお答えしています。

できるだけ抜かない治療を可能にするのは工夫と努力だと考えます

院長あいさつ当院では「できるだけ歯を抜かない矯正治療」を目標としていますが「抜くことが不可欠なケース」も少なくありません。日本人は「歯が大きく、あごの骨が小さいタイプ」が多いため、歯を抜かない矯正治療が困難な場合や、歯を抜いて矯正治療をしたほうが良いケースもあるからです。

大切なのは、まずは「歯を抜かずに矯正できる可能性」を見極め「歯を抜かずに矯正する工夫や努力を最大限まで行う」ことだと考えています。そしてそれは、個人個人についてのていねいな診察と診断、および効果的な治療方法と技術力によって可能となるのです。

当院では、複数の検査データと個人個人の条件(子どもの場合には成長に関するデータなども含めて)を重視すると共に、安全が確認された従来の装置の使い方や組み合わせ方を考え、効果的に用いて治療することにより、多くの実績を残しています。

妥協をせず、とことんこだわる性格

院長あいさつ当院が「できるだけ歯を抜かない治療」にこだわる理由は、もともと私自身が「歯を削らず、被せず、歯を動かすことによって、美しくて機能的な噛み合わせをつくる矯正治療という方法」に、とても大きな魅力を感じて矯正歯科の専門医となったからです。

そして「自然の歯を動かしていくのであれば失うものはない。抜かずに済めば100%じゃないか!」と思ったのです。ですが、そのための診断が大変であることは事実です。たくさんの資料やデータ、模型などを使い、読み取り、いろいろなケースを考える必要があります。

「できるだけ抜かない矯正」は診断が難しく、手間がかかります。ですが私にとってはこの「大変な診断」が「大変だけど楽しい」「やりがいがある」と感じられるのです。妥協することは好まず、やれるものはやってみるという性質・性格が、この仕事に向いていたのかもしれません。

個人的な趣味は、Jazz Classicを聴くことと、そのためのオーディオ装置を作ることなのですが、そちらのほうも「マニアックな領域に達している」と言われることがあります(笑)。そんな私だからこそ、患者さんのためにできることがあるのなら、今後も努力を重ね、臨床では難しい症例ほど積極的でありたいと思っています。

愛着のあるこの場所で、地域密着の医療に取り組んでいきます

院長あいさつ静岡は私の出身地であり、当院のある呉服町は私の生まれ育った場所でもあります。愛着のあるこの地の皆さんが、1人でも多く、歯並びや噛み合わせのお悩みから解放され、健康な心と体を手に入れていただけるよう努めていきたいと思います。

また、一般の社会人を経た経験を活かし、視野の広い歯科医師でありたいと考えています。矯正治療については、子どもでも大人でも、開始時期、費用、方法、期間など、わからないことや不安なことが多々おありだと思います。まずは、お気軽にご相談ください。

院長プロフィール

院長あいさつかたやま矯正歯科 院長 片山 綱

【略歴】
静岡高校 卒業
早稲田大学卒業
国家公務員上級職試から公的機関
東北歯科大学 入学
神奈川歯科大学大学院 修了
鎌田歯科矯正クリニック勤務

【所属団体・資格】
歯学博士(矯正歯科学臨床)
日本矯正歯科学会認定医
Tweed Course (USA)修了
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会 他
読売ウィークリー(読売新聞社)特集「頼れる矯正歯科医650人」に選ばれる(2008年)

院長あいさつ院長あいさつ院長あいさつ

まずはご相談ください

まずはご相談ください