«  2018年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月 5日

 大人の矯正治療では治療上の必要から、虫歯等の問題が無くても永久歯を抜くことがあります。
できることなら、抜歯せずに矯正治療したいのですが、症状の改善が二の次になってはやはり問題が生じます。

 特に日本人では、歯が大きい割に顎の骨が小さい方が多いので、大人の抜歯症例はどうしても多くなります。
 とはいっても、なるべく歯を抜きたくない気持ちもわかります。

 一人一人について、歯の大きさを測定し、顎の骨の大きさも可能な限り測定して、比較検討することが必要でしょう。その際、不正咬合の種類、程度ももちろん関わりを持ちます。
 いろいろなデータから、科学的な検討をできるだけ踏まえれば、必要性の程度も明らかになってきます。
 以上の結果をなるべく分かりやすく説明することも無論必要です。

 納得いく矯正治療のためには、このような努力が基礎になると思います。

2017年8月 9日

子どもの強度の上顎前突、過蓋咬合の治療は、
通常は、下顎を前に出しながら、かみ合わせを浅くしていく装置を使います。

数種ありますが、使い分けます。

効果としては、まずは歯並びが良くなるのですが、同時に気道が広がり、呼吸がしやすくなる効果もあります。
つまり歯並びを良くすることで呼吸が楽になり、酸素が十分に取り入れられるようになります。

11才は人によりますが、そろそろ身長が大きく伸びるころです。この頃までには治療に入りたいものです。でないと治療効果が上がりにくくなり、難しい治療になりかねません。

先日のご相談では、この状態でもご両親は治療開始をためらっておられました。
理由は以前、呼吸を改善して歯並びを治す、という矯正治療を受けたが、効果が上がらないのでやめた経験があるから、というのです。

呼吸改善は、矯正治療によって気道の大きさに改善が見られるのが前提です。順序が逆です。
始めの料金が安く、道具が簡易だったのが開始した理由のようでした。

何でもそうですが、矯正治療にも近道はありません。専門矯正医としては、データを元に、奇をてらわず、なすべきことを、着実に実行していくのみです。
時間も費用もそれなりにかかりますが、今まで皆様の信頼を得てきた、と感じています。

2017年3月22日

子どもの矯正治療では、上顎を拡大する、という処置がよくあります。
歯の土台となる部分の骨を広げる処置です。

日本人は顎の狭い場合が多いので、矯正歯科では非常によく行われます。
適切に拡大されれば、それまではみ出してガタガタになっていた歯がきれいに並んできます。

見た目が良くなると共に、咀嚼の能率まで改善され、気持ちと体の健康が改善されます。

もちろん検査結果から計画し、適切な量を、適切な装置を使って行います。

今回は、急速拡大装置といわれるものの効果を見て頂きます。
初診時です。
0354 2005 12 02ak mae shosin.jpg

急速拡大装置set時。とても狭い上顎です。
0354 2006 02 17ak zyougaku kyuukaku.jpg

急速拡大装置使用後。きれいに広がりました。自然な感じです。
0354 2006 04 15ak zyougaku kyuukakugo.jpg

矯正治療終了時の上顎。きれいで自然な感じです。
また前から見た写真。とてもきれいです。
なお、下顎は広げていません。
0354 2009 12 11ak zyougaku.jpg0354 2009 12 11ak mae.jpg

残念ながら顔写真はお見せできませんが、とても良い感じの仕上がりでした。ご本人もお母様も大喜びでした。

2017年2月14日

先だってのご相談で、反対咬合(7才)の男子がお見えになりました。

5才ころから、ある地で口腔内にプラスチックの装置を入れ、治療していたそうです。
でも、およそ1年以上経っても改善が見られない、ので気になる、とのことです。

見ますと、明らかな骨格性の反対咬合です。それも結構厳しい症状です。というのは、
反対なだけでなく、下顎が下方向に成長しています。
反対咬合でかつ、開咬(上下の歯が離れてくる)の方向に向かっているようです。

もちろんデータを採って、分析しないと正確には分かりませんが。

骨格性反対咬合は、「前方牽引装置」という外側からの装置を適切に、しかも年齢的に早めに使っていかないと治りません。

その一方、早めに適切に使えば、ほぼ十分な治療結果が得られます。

こうした判断と治療は、矯正治療について十分な経験を積んだ専門医にしかできません。

同伴されたお母様には、
症状はなかなか厳しいこと、
口腔内に入れておくだけの装置で治療出来るケースではなく、前方牽引装置を使うべきこと、
年齢的にまだ間に合うが、急ぐこと、

など説明しました。

どの程度理解頂けたかは分かりませんが、無言でお帰りになりました。


骨格性の反対咬合を治し、喜ばれたケースは、多数あります。
「ここまで治るとは思わなかった」と喜ばれたお母様もおられます。

HPにもいくつかの治療例を掲載いたしております。

時期と方法さえ間違わなければ、骨格性反対咬合も十分治せます。
ご相談ください。

2016年12月15日

ご相談の後、検査があります。
そして資料を分析し、診断結果及び治療方針、費用をお話します。これが診断です。

普通の場合、診断した後、治療に入るまでに、しばらく時間を要します。

まず必要な抜歯を行います(親不知、あるいは小臼歯等)。抜いた後はしばらくおきます。全体でおよそ一ヶ月くらい要します。(もちろん抜歯が無ければ、この行程はありません。)

それから、奥歯に小さなゴムリングをはさみ、歯と歯の間に0.1mm位の隙間を空ける必要があります。これに一週間。
その後、奥歯にバンドと呼ぶ金属の装置をsetします。

その後に、小臼歯、犬歯、前歯にブラケットと呼ぶ小さな装置を接着します。それが終わってから矯正用のワイヤーをsetします。

以上を経て、初めて歯が動き出します。ここまでは大体、歯を抜く場合で2ヶ月近く、歯を抜かない場合でも1ヶ月近くかかります。

診断があれば、その日にでも装置を付け、歯が動き出す、と誤解されている場合がたまにあります。実際にはこうした多少の準備期間が必要です。

もっとも矯正治療は、年単位で行うものですので、準備期間程度は誤差のうちかもしれません。

2016年11月17日

先日、ある方に質問されました。
「もうきちんと並んでいるのに、まだ時間がかかりますか」

2011 12 16mk 前.jpg2012 03 27mk 前.jpg

実は、矯正治療では、きちんと並んでから後、仕上げの時間が少し必要です。
上下の歯を更に良い位置にし、あたり方をより良くする仕事です。
上記写真の例では、およそ3ヶ月でした。

そのために入れるのが「アイデアルアーチ」と言われるワイヤーです。
アイデアルアーチ2006 09 01kaku w02.jpgアイデアルアーチ2006 09 01edgewise w04.jpg
右は拡大写真です。
断面が四角いワイヤーに凹凸を付け、更に部分毎に角度を付けます。

実は、このアイデアルアーチが、矯正治療の標準である、スタンダードエッジワイズ法の大きな特徴です。

最後のアイデアルアーチに、
そのケースで各歯に必要な位置関係、角度関係の情報を曲げ込み、
各人に取って、最も良い並び方を実現するのです。

曲げ込んだ情報を、ワイヤーから歯に接着したブラケットを通じて歯に伝え、
歯がその情報に従って微妙な動きをします。
そしてきれいな安定した歯ならびが完成します。

このため、多少の時間が必要です。普通は3ヶ月くらいでしょうか。
ちょっとの我慢をお願いします。


2016年11月 3日

先日、大人の方に質問されました。
「もう綺麗になっているのに、まだ続くんですか」

矯正治療では、終盤に入ったある時期から、見た目は変わらないのに調整が続く事があります。
何もしていないのに費用ばかりかかる、という訳ではありません。

実は、綺麗に並んだように見えても、普通はまだ上下のかみ合わせ(あたり方)が十分ではありません。
 この上下の歯のあたり方(特に大臼歯)を十分にしておかないと、外しても微妙に歯が動き、歯のすきまができたり、後戻りしたりします。

 普通は、歯ならびが綺麗に見えだしてから、上下の歯列に最後のワイヤー(理想アーチと言います)を入れ、あたり方を慣らします。ワイヤを外しても歯を動きにくくするのです

通常は3ヶ月から6ヶ月くらいかかります。


2016年6月16日

矯正歯科治療は、わずかの例外を除いて、保険適用はありません。
トータルではそれなりの費用がかかります。

子どもの矯正の場合、小学校くらいから始めるⅠ期治療と、
永久歯がそろってから、必要に応じて始めるⅡ期治療に分かれます。

このⅠ期Ⅱ期治療各々に、基本料金と処置費がかかってくるのが普通の形態です。

大人の矯正(人により中学生くらいから入ります)では、こうした区別はありません。

たまに、

「子どもの矯正でⅠ期治療をせずに放置し、
永久歯がはえてから矯正治療を始めれば、
Ⅱ期治療の費用だけで済むのか」

という質問を受けます。

残念ながらこれは間違いです。
普通に大人の矯正治療と同じ費用がかかります。
Ⅱ期治療はあくまで、Ⅰ期治療の結果を前提として考えるからです。

なお、どこでもそうですが、Ⅰ期治療とⅡ期治療の費用合計は、
大人の矯正として頂く費用合計と、ほぼ同じです。


子どもの矯正の意義は、治療結果がより良くなる、点にあります。
もちろん歯を抜くケースも減ります。

もし同じ人で、
Ⅰ期治療で効果を上げてからⅡ期治療で仕上げた場合と、
放置して大人の矯正だけを行った場合とでは、

Ⅰ期で骨格等を改善し、Ⅱ期治療につなげた場合の方が、
放置して大人の矯正だけで仕上げた場合より、良い結果となるでしょう。

また、子どもの矯正の場合、Ⅰ期治療だけで十分満足されるケースも多々あります。
これはお得ですね。

もし矯正治療をお考えなら、できるだけ早くご相談ください。

2015年9月20日

最近、最初に非抜歯治療をと考えていても、診断時は抜歯治療の選択に傾く、というケースが二つ続きました。

お一人は大人、もう一人は小学生です。小学生はもちろんⅡ期治療の開始時点です。

共通する要素は、歯が大きいこと、ただしお二人とも、見た目の叢生は中の下くらいです。

しかし、
計測では、歯の大きさが平均値から標準偏差で2つ近く大きいのです。

もちろんそれに見合う額骨の大きさはありません。

いろいろ評価した結果、やはり、抜歯治療の方が望ましい、と思われました。

いつも多くの指標を考えに入れており、断定はできませんが、やはり歯の大きさという要素は大事です。

2015年8月29日

このケースは7才で治療開始しました。歯がやや遅く、6才臼歯はあるのですが、前歯は乳歯でした。

上顎に拡大プレートを入れ、拡大。
その装置から前方牽引。
およそ一年で反対咬合は治りました。
いつも思いますが、反対咬合の治り方は、とても分かりやすく、劇的です。お母様もうれしそうです。

ここから保定、観察です。
歯がゆっくりな分、観察も長く、途中からはリテーナーも夜だけ使用としています。

10才時点で治療結果は維持されています。ただ、見た目にちょっとゆとりが少ない感じ、これからの身長が伸びる時期には、下顎骨も伸びますから、やや心配です。

一方で、X線写真のデータは、ほぼ十分な改善結果を示しています。下顎骨の大きさの抑制がもうちょっとですが。
本人の負担も考えると、さらにだめ押しの治療をして置くべきか、迷いました。

プロトラクター治療を行った場合、殆どの反対咬合のケースで、後戻りは生じない、という経験から考えると、
これからの成長を、よりこまめに観察することにして、
新たなことは、変化があれば決めることにしました。

今は3ヶ月以上の間隔で観察です。本人はのびのび遊んでいるようです。このまま普通のかみ合わせで行ってくれると良いですね。

2015年8月27日

通院中の患者さんのお母様から、うれしい評判を聞きました。

「説明抜きで、「次はこれします」と言った急ぐ進め方が多いところ、
かたやま矯正歯科は、その都度、必要性、装置の説明が丁寧できちんとしてくれる、
治療結果もとても綺麗と思う。」

他の方がそう言っていた、ということを、別の方が教えてくれました。

これは本当にうれしいです。

院長が普段心がけているのは、毎回できるだけ丁寧に説明し、理解を深めてもらうことです。
お母様やご本人の理解を深めてもらえば、おのずとモチベーションが上がり、治療が円滑に進むからです。

また、長い説明を一度だけより、短くても毎回の説明の方が、何のために何をやっているのか、皆様に良く理解して頂けるのでは、と思っています。

相談(初診)の時も同じです。

単に考え得る治療を、説明するだけで無く、
その不正咬合の成り立ち(要因)から説明して、その治療を考える理由を納得して頂きます。

そして現在と今後の成長発育が治療の方法、時期に影響することも、
なるべくわかりやすく説明するようにしています。

ですから、時間もゆっくり取っています。

検査の後、データに基づく診断の時は、より詳細なお話をさせて頂きます。

ちょっと我田引水でしたが、うれしい評価を落とさないように頑張ろうと思います。

2015年8月21日

通院中の患者さんのお母様から、うれしい評判を聞きました。

「説明抜きで、「次はこれします」と言った急ぐ進め方が多いところ、
かたやま矯正歯科は、その都度、必要性、装置の説明が丁寧できちんとしてくれる、
治療結果もとても綺麗と思う。」

他の方がそう言っていた、ということを、別の方が教えてくれました。

これは本当にうれしいです。

院長が普段心がけているのは、毎回できるだけ丁寧に説明し、理解を深めてもらうことです。
お母様やご本人の理解を深めてもらえば、おのずとモチベーションが上がり、治療が円滑に進むからです。

また、長い説明を一度だけより、短くても毎回の説明の方が、何のために何をやっているのか、皆様に良く理解して頂けるのでは、と思っています。

相談(初診)の時も同じです。

単に考え得る治療を、説明するだけで無く、
その不正咬合の成り立ち(要因)から説明して、その治療を考える理由を納得して頂きます。

そして現在と今後の成長発育が治療の方法、時期に影響することも、
なるべくわかりやすく説明するようにしています。

ですから、時間もゆっくり取っています。

検査の後、データに基づく診断の時は、より詳細なお話をさせて頂きます。

ちょっと我田引水でしたが、うれしい評価を落とさないように頑張ろうと思います。

2015年7月30日

今日は、夏休み恒例、静岡市主催の矯正相談会でした。院長も毎年相談員として出ています。

今年も、参加者が減少しているとは聞いていましたが、午後になり、相談にあずかった人数が7名。二時間で終了しました。
ただ、意識の高い方および、程度の強い不正咬合の方ばかりだったと思います。
どの方も、ぜひ矯正治療を受けて良い歯ならびになって頂きたい、と思う症状でした。

参加人数が減少している理由はおそらくですが、矯正治療に関心の薄い人が減り、真剣な方ばかりとなったから、と思います。
もちろんそれ以外に、ネット等で矯正治療の情報が行き渡ったと言うこともあるかもしれません。

ともかくも、直接、矯正医と話をして得られる情報は、ネット巡りで得る情報に比べれば、多く、かつ的確です。

それでも15分から20分しかありませんし、検査データは全くありませんので矯正治療の説明としてはやはり入り口に過ぎません。歯を抜くかどうかの答も含め推測です。

あとは矯正専門医に相談し、できればきちんと検査をしてください。
ここまでやって初めて、現在の不正咬合に対するきちんとした治療説明、となります。
矯正治療も医療ですから、検査データなしでは、やはり推測でしかないのです。

2015年7月 8日

このネット時代、対面よりもネットからの情報の方が早く手軽です。この利便性は本当にすごいものです。

歯科矯正も含め、医療情報も大量に発信されています。症状などで検索してそれら情報をあたった経験はどなたもお持ちでしょう。文字通りおよそのことはわかります。
これだけでもかなりすごいことですが、

同時に次のような経験もされているか、と思います。
その医療情報が、自分にあてはまる気もするが、少し違うかもしれない、他のサイトを見たら似た事が書いてあるが、少し違う感じもある。
結局実際にどう考えれば良いのかよくわからない。

医療情報は、やはり専門的な知識が無いと整理が難しいのです。


例えば、矯正治療の入り口にあたる現症状の把握でも、
殆どの場合、複数の症状が複合し、程度も色々なので、
どれに当てはまるのか理解しにくいものです。

また治療装置でもたくさんあるのはわかるのですが、その使い分けはよくわかりません。

|

5624_mkj_katayama_ort020814 s.jpg

無料矯正教室は、ネットと異なり、対面で進行します。数人の少人数で行います。

直接お顔を見ながらの説明により、矯正の知識を整理し、理解を深めて頂くこと、を目標としています。

画像を見ながら、情報を整理してお話し、疑問がある場合、その場で聞くことができます。
専門医との直接のやりとりによって、矯正治療についての理解を深め、何が大事かがご理解いただけるものと思います。

ご希望により、歯の状態を見て簡単なアドバイスも致しますので、症状、治療時期、方針について理解は確実に進むものと思います。

わざわざ足を運ぶのは面倒ですが、ご自分あるいはお子様の大事な健康管理の一環です。
どうぞお気軽にご利用ください。

2015年5月18日


無料矯正教室に参加される方の多くは、ご自分あるいはお子様について
「矯正治療の必要を感じてはいるが」

「もっと知ってからにしたい」
「ネットで調べたが、今の症状にどんな治療が良いのかどうもよく分からない」
「いきなり相談に行くと、勧誘されるのではと心配」
「本当に治るのか、治ってもまた戻るのでは」
などのご心配を抱えてお見えになります。

意識の高い方、ご自分でお考えになる方が多いように見受けられます。


不正咬合の治療は性質上、緊急性は薄く、また費用も時間もかかるため、皆様、慎重になります。時間をかけネットなどで情報を集め検討するわけです。もちろん必要なことでしょう。

ただ現在は、情報が数多く簡単に集まるため、情報の優先順位が分かり難く、意識の高い方ほど、かえって混乱し疲れてしまう場合があります。

特に子供の場合は、成長発育の進展とからめて症状の見通し、治療の時期、方向、内容を理解しなければなりません。


専門知識の世界ですから分かりづらく、真面目に考える方ほど混乱してしまうのはやむを得ないかと思います。

しかしその結果、矯正治療について考えることから遠ざかってしまう、あるいは矯正治療に対して懐疑的になるのでは、ご自身、あるいはお子様の将来のために良くないでしょう。

無料矯正教室は、全く知識の無い方の矯正知識入門用としてはもちろん、ある程度理解されている方の知識整理にも大いに役立つ、と考えております。


ある大人の方で
「ブラックトライアングル(歯間歯肉の退縮をさすようです。この言葉自体、明確なものでなく、専門医は普通使いません)が出来るかもしれない」というネット情報を、
大変気にされている方がおられました。普通に矯正治療の知識をお持ちなのですが、いつかそのことばかりが気になりだしたようです。
 もちろん、そのようなことが無いとは言えません。でも経験的に確率はかなり低いでしょう。それが頻繁に生じていては、矯正治療は成り立ちません。情報の整理が必要と思いました。


また、ある反対咬合のお子様に関してです、
反対咬合ですから「矯正歯科としては早めにぜひ治療が必要です」、と申し上げました。
お母様は、それまで色々とお調べのようでした。

しかし、
*反対咬合はできるだけ早い時期に骨格的な問題点を積極的に治していく事が重要、
*良い時期をはずさなければほぼ満足いく結果となる確率は高い、
*放置した場合、背が伸び出す時期には症状の増悪が考えられる、
*放置した場合、将来、外科手術を併用しての矯正治療となる可能性もある、
など
成長発育と絡めた基本的な理解はお持ちでありませんでした。


矯正医ではないのですから知らなくても当然です。
しかし以上の理解が無ければ治療の是非を考えても、あまり意味が無いのも確かです。

矯正教室で質問があれば、当然、以上の情報をお話します。

整理された情報で考えてください。


無料矯正教室は、PC画面を見ながら、あるいはお口を見せてもらいながら、ご質問に常時お答えしています。

毎月開催ですのでご参加の人数がお一人でも行っています。先日は参加者お一組でしたので時間があり、一時間近くも質疑応答をいたしました。
少しでも皆様の知識の整理に役立てば幸いです。

2015年2月 1日

無料矯正教室は当院の治療システムから切り離して実施しています。
矯正治療に興味がある方々に気軽に参加して頂くためです。

ネットで色々調べるのも良いのですが、やはり専門医の話を直接聞き、質問してみるのが一番わかりやすいと思います。

ついでにご希望の方には個別症状について簡単なアドバイスも差し上げています。

5617_mkj_katayama_ort020814s.jpg不正咬合の程度、お子様の治療の適切な時期などが良く分かった、と喜ばれます。

2015年1月25日

矯正治療について「インターネットで色々調べたら、混乱してかえって分からなくなった」とお話される方が結構おられます。
無料矯正教室は、皆様に矯正治療の時期、方法、装置などについて、短時間で正確な知識を得て頂く事を目ざしています。
 まずは画像を見ながら、生の矯正の知識を得て頂き、続けてご自分あるいはお子様のお口を見ながら、説明を聞いて頂きます。すると個別症状、治療についての説明が良く分かるのです。
従って無料矯正教室は、ぜひ最初のドクターのお話からお聞きください。

2014年11月10日

矯正教室では最初に、不正咬合の説明から始めます。そして矯正治療の方法、装置、治療の流れなど、大人、子どもに分けて説明し、期間、費用等の説明もあります。こうした説明はなるべくわかりやすいように全て画像を見ながらです。その後ご希望の方にお口を見せて頂きながら、個別のアドバイスを致します。
 最初の色々な説明が予備知識となりますので、後の個別のお話もわかりやすくなるようです。
 ということで矯正教室に参加された場合、ご自分あるいはお子様の不正咬合の状態を、より客観的に理解することが可能になるわけです。
矯正の知識の多少に関わらず、専門医の話を聞き質問することで、得られるものがあると思います。
 参加しやすいように、無料で、当院の通常の治療の流れとは切り離して開催しております。お時間はお話が30分くらいでしょうか。ほぼ毎月開催です。お気軽にどうぞ。

,無料矯正教室
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
かたやま矯正歯科 院長 片山 綱

かたやま矯正歯科
http://www.hanarabi.biz/
院長 片山 綱

【略歴】
静岡高校 卒業
早稲田大学卒業
国家公務員上級職試から公的機関
東北歯科大学 入学
神奈川歯科大学大学院 修了
鎌田歯科矯正クリニック勤務

【所属団体・資格】
歯学博士(矯正歯科学臨床)
日本矯正歯科学会認定医
Tweed Course (USA)修了
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会 他
読売ウィークリー(読売新聞社)特集「頼れる矯正歯科医650人」に選ばれる(2008年)

医院サイトはこちら
かたやま矯正歯科医院サイト