«  2016年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年1月24日

ご相談に見えました。歯がかなり大きく、多分抜歯の必要があるでしょう。
しかし歯並びだけならば、全体にさほど難しいケースではありません。

問題は顎の関節の状態。大きくお口を開く度に異音が聞こえます。結構大きいので隣にいれば聞こえるでしょう。
多分、下顎骨の動きと、顎関節内部の関節円盤と呼ばれる部分の動きとが、協調していないのだと思います。
口腔外科で状態を調べてもらいますが、多分完治はしません。

顎関節と歯並びの関係は未だ十分に分かっていませんので、矯正治療が顎関節に良い影響を与えるのか、悪い影響をあたえるのか、現在の段階では、わかりません。

しかし矯正治療を進めるなかで、顎関節の症状が悪化することもあまり多くないのも現実です。
多くはそのままと言って良いでしょう。

従って、多少の顎関節症類似の症状があっても矯正治療に入ります。
但し、悪化することが絶対無いとは言えません。
慎重に進めるしかありません。なるべく歯を抜かない方法を採るのも、あまり顎関節に変化を与えない、と言う意味で慎重なやり方に入るでしょうか。

2016年1月 2日

2015 12 31銭洗い弁天入り口.jpg2015 12 31銭洗い弁天ご神灯.jpg
鎌倉市の銭洗い弁天です。

お天気も穏やかに静かな新年の幕開けです。

昨年末に健康診断を受け、そういえばこの頃かぜもひかないな
と思ったら知人にストレスが無いのよとばっさりやられました。
確かに昨年は近年まれにストレスが少なかったかもと思い当たりました。
日々の暮らしは思い通りにならないこと、思いがけないことは防ぎようもなく
なんとかやり過ごしていく中で、折々に楽しみをみつけながら暮らしていく...

特に目標とかかげることもないけれど、今年も元気に働き続けよう
といったところでしょうか。

皆様のご健康をお祈りしつつ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

かたやま矯正歯科 院長 片山 綱

かたやま矯正歯科
http://www.hanarabi.biz/
院長 片山 綱

【略歴】
静岡高校 卒業
早稲田大学卒業
国家公務員上級職試から公的機関
東北歯科大学 入学
神奈川歯科大学大学院 修了
鎌田歯科矯正クリニック勤務

【所属団体・資格】
歯学博士(矯正歯科学臨床)
日本矯正歯科学会認定医
Tweed Course (USA)修了
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会 他
読売ウィークリー(読売新聞社)特集「頼れる矯正歯科医650人」に選ばれる(2008年)

医院サイトはこちら
かたやま矯正歯科医院サイト