«  2015年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2015年2月27日

最近私の友人が自転車で転び、顔面骨折で入院治療しました。2週間入院し、骨の整復、上下顎がずれたのをかみ合わせて固定したそうですから大変でした。結果は良好です。
近々全快祝いをやろうなどと言っています。
 外科矯正とは、まず矯正治療で上下顎別々に歯を並べ、上の例に似て外科手術で顎の骨の調整をしてかみ合わせを獲得する方法です。およそ18才以降の大人のみ行えます。
 利点はまずは外見の良さでしょう。欠点は外科手術を行うこと、やはり億劫ですね。
 結果は良さそうでも怖がる気持ち、面倒な気持ちは十分わかります。これが必要なケースはそう多くありません。適用例は殆どきわめて強度の反対咬合です。
 子供の矯正で反対咬合は時々あります。上下の顎の骨の大きさにアンバランスがあるケースがかなり多いです。ほっておいて中学生、高校生となると個人差はありますが、相当治しにくくなります。但し子供の時にきちんとした治療を始めれば殆ど治せます。成長発育のある時期にそれを利用して治すのです。反対咬合はできるだけ早い時期に相談にいらしてください。

2015年2月19日

歯みがきや装置使用をがんばっていただくと、小さなカードをさしあげます。
3枚たまるとごほうびがあります。おもに文房具ですが、実用的なもの、新製品、ちょっと楽しいものを集めています。
一瞬で決める方、迷いに迷ってお母様が決める方、いろいろです。
これからも楽しみにしていただけるように がんばります。

2015年2月12日


昨日は午後に複数のご相談が重なったのですが、なんとかお時間もとれ、内容もご満足頂けたか、と思います。
当院はこのご相談を重視し、十分なお時間を取るようにしています。
ご相談に見える方はそれぞれ症状程度はもちろん、矯正治療の知識もご希望も様々です。
お話しながら、ご希望とご理解の度合いを考え、なるべく沿ったお答えをするには時間が必要なのです。
時には細かく説明しすぎてかえって分かりにくくしてしまう失敗もありますが、歯の模型と症例写真を用いておおむねご理解頂いているようです。もし分かりにくければご遠慮なくご質問お願いします。

2015年2月 6日

0241 2002 08 25 sm 初診 右s.jpg0241 2006 06 16 sm 右s.jpg
程度の強い出っ歯さんのケース。子供なら上顎と下顎の成長状態を調べ、そのアンバランスを是正していくことが可能です。良い時期から始めればとてもきれいな仕上がりとなるケースは多くあります。
しかし大人では、歯の移動のみで解決していくことが殆どです。そのため便宜抜歯がよく行われます。
ただ、抜歯治療が難しいケースもよくあります。歯が大きくなく、咬み込みが深いケースです。
この場合、歯を抜かずに大臼歯から前歯まで適正な位置に移動させ、かみ合わせを適正な深さにすることができれば一番です。これが難しいのです。装置の工夫、動かし方の工夫など経験が重要になります。当院ではこうしたケースを治療し喜ばれてきました。出っ歯さんでお悩みの方、一度ご相談ください。

2015年2月 1日

無料矯正教室は当院の治療システムから切り離して実施しています。
矯正治療に興味がある方々に気軽に参加して頂くためです。

ネットで色々調べるのも良いのですが、やはり専門医の話を直接聞き、質問してみるのが一番わかりやすいと思います。

ついでにご希望の方には個別症状について簡単なアドバイスも差し上げています。

5617_mkj_katayama_ort020814s.jpg不正咬合の程度、お子様の治療の適切な時期などが良く分かった、と喜ばれます。

« 2015年1月 | メイン | 2015年3月 »

かたやま矯正歯科 院長 片山 綱

かたやま矯正歯科
http://www.hanarabi.biz/
院長 片山 綱

【略歴】
静岡高校 卒業
早稲田大学卒業
国家公務員上級職試から公的機関
東北歯科大学 入学
神奈川歯科大学大学院 修了
鎌田歯科矯正クリニック勤務

【所属団体・資格】
歯学博士(矯正歯科学臨床)
日本矯正歯科学会認定医
Tweed Course (USA)修了
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会 他
読売ウィークリー(読売新聞社)特集「頼れる矯正歯科医650人」に選ばれる(2008年)

医院サイトはこちら
かたやま矯正歯科医院サイト