«  2015年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年1月26日

センター試験も終わりいよいよ受験シーズンです。北国からは大雪の便りも聞かれます。矯正治療中に受験をむかえる方も毎年いらっしゃいます。
予定も立ちにくいとは思いますが、早めに言っておいていただくと、予約その他がスムーズになります。
 明るい春が待ち遠しいですね。

2015年1月25日

子どもの反対咬合の治療はかなり手がけています。得意な分野といって良いでしょう。
 違いは、方法にあります。反対咬合は、上顎骨の前方部の成長不足例が殆どですが、その成長不足の改善をめざします。

 定石通りプロトラクター(前方牽引装置)を使いますが、当院の場合、上の前歯4本から上顎骨を牽引します。もちろん顎の骨の分析数値、歯根の状態、引く力、引く角度など、安全に効果を上げうる経験が必要です。
 典型的治療例がありました。9才、前歯4本揃っています。上記の方法で約3ヶ月、反対咬合は改善され、上の前歯が下の前歯より前に出てきました。その後約3ヶ月で十分なかぶり方となりました。
 ここまで十分な効果が出れば、普通あり得る後戻りも殆ど心配しなくてよいでしょう。後は永久歯がそろうのを待ちます。Ⅱ期治療が必要な場合でも抜歯ケースになることは殆どありません。

 2,3才の頃からプラスチックの装置を使ったりする治療もありますが、上顎骨の成長不足は補えず、結局、成長期には後戻りの例が出そうです。やはり適切な時期、つまり8-10才くらいの成長期に前方牽引装置をしっかり使い、上顎骨前方部の成長を促進してやることが一番でしょう。

矯正治療について「インターネットで色々調べたら、混乱してかえって分からなくなった」とお話される方が結構おられます。
無料矯正教室は、皆様に矯正治療の時期、方法、装置などについて、短時間で正確な知識を得て頂く事を目ざしています。
 まずは画像を見ながら、生の矯正の知識を得て頂き、続けてご自分あるいはお子様のお口を見ながら、説明を聞いて頂きます。すると個別症状、治療についての説明が良く分かるのです。
従って無料矯正教室は、ぜひ最初のドクターのお話からお聞きください。

インフルエンザが流行しています。今年はA香港型が多いそうです。
年末年始には、風邪で苦しんだ知人が多く、せき・発熱・腹痛など症状は様々でした。
疲れが引き金になるのかもしれません。ギックリ腰になった友人もいました。
お正月らしさが年々失われていますが、年末年始はなんとなく気ぜわしいですものね。
 ともあれ新しい年になりました。変化の年になる方もそうでない方も良い年になりますように。

恒例の勉強会がありました。矯正専門の先生達が、月一回集まって症例検討するのです。
もちろん勉強になるし、楽しい飲み会もあるので必ず参加します。
先日、出っ歯、過蓋咬合、巨大な歯などで抜歯治療は避けられないケースを持参しました。
しかし右上側切歯の根に黒い影(嚢胞)があります。これの治癒見込み、所要時間で皆の意見が異なりました。私も迷う症例です。しかしある程度時間をかければ治癒の見込み有り、との見解に落ち着きました。
矯正専門医でも迷うことは多々あります。そんな時色々な経歴を持った先生達が良い知恵をくれます。嬉しいものです。

2015年1月21日

代表的なのは歯周病の場合ですが、他に歯内部の神経に細菌が感染し、それが歯根の先から漏れ出て骨に空洞が出来ている場合があります。時々あります。
 骨に空洞が出来ている場合は、まず歯の神経を処置し感染を止めて、周囲の骨の充実を待ちます。もちろんこうした処置は専門の先生にやってもらいます。これが結構時間がかかります。うまくいかないケースも少なくありません。
 しかし先日のケースは、約半年でかなりの骨充実が見られました。もう少しおけば矯正治療に入れそうです。うれしい来院でした。

2015年1月10日

 あるお母様がお子さんを連れて相談に見えました。ご本人は明らかに出っ歯ですが、お母様の説明では、矯正が必要なほど悪くないが本人が少し気にしています、とのことです。
奥歯の前後関係、前歯の出っ張りなど明らかな出っ歯(上顎前突)、と言うしかありません。矯正治療の必要なケーズです。子供の矯正治療から始めれば、抜歯の必要も殆ど無く、きわめて有利なことは、ホームページでご説明しているとおりです。
 模型を使い、正常咬合と出っ歯(上顎前突)の違いを説明致しました。違いは明確ですからご理解はいただけたと思います。
 日本人の歯ならびは従来、出っ歯、叢生(歯のガタガタ)が多く、きれいな歯ならびの人は少ないので、それに慣れて多分、評価基準がずれてしまったのでしょう。
 矯正治療の良い時期を逃さないために、ちょっとでも気になるときはまずは専門医にご相談頂けたら、と思います。

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
かたやま矯正歯科 院長 片山 綱

かたやま矯正歯科
http://www.hanarabi.biz/
院長 片山 綱

【略歴】
静岡高校 卒業
早稲田大学卒業
国家公務員上級職試から公的機関
東北歯科大学 入学
神奈川歯科大学大学院 修了
鎌田歯科矯正クリニック勤務

【所属団体・資格】
歯学博士(矯正歯科学臨床)
日本矯正歯科学会認定医
Tweed Course (USA)修了
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会 他
読売ウィークリー(読売新聞社)特集「頼れる矯正歯科医650人」に選ばれる(2008年)

医院サイトはこちら
かたやま矯正歯科医院サイト