«  2014年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年11月30日

矯正治療は「矯正相談」に始まります。当院でも随時受付です。
9月末に新ホームページになってから、メールにてのご相談申し込みが増えました。
ゆっくりしている夜にメールを送り、後日当院よりのTELにて日時を打ち合わせる。現在の生活リズムに合っているような気がします。
矯正治療についての情報収集は、当然ながら専門のドクターと直接話す情報収集が最も効果的です。メールを頂き当院よりTELにて折り返す、時間を効率的に使える良い方法です。大いにご利用ください。

2014年11月23日

矯正歯科はすべて予約制です。来院される方をお待たせしないため、時間を有効に使うためです。ただ普通の生活時間は皆様そう変わりません。当院も平日の夕方4時から6時半くらいと土曜日に予約が集中し、申し訳ないのですが、どうしても少しお待たせする場合が出てきます。
当院では、午後は2時からと早めにしています。例えば3時予約などでご利用頂けるとかなりゆったりと時間が使えます。
また平日午前中の診療時間、日曜日の診療時間を残してあります。また内容によっては朝、夜など時間外に予約をお取り頂けることもあります。費用は変わりません。意外と融通が効くのです。 

2014年11月21日

治療中に困ることの一つに「いつ終わりますか」の質問があります。人によっては開始して半年くらいでこの質問が出ます。
 正確に言うとわかるけどわからないのです。
 歯の動く速度は人によって大分違います。特に大人は。それをだいたいつかむのは、しばらく経ってからです。そして途中には人それぞれの事情が待っています。
 それらを考え、治療段階を考えます。これだけ考えに入れると大体、答えは曖昧になります。もちろん終わりに近い段階ならかなり正確なことが言えますが。
 不思議なことに、なるべく正確に現在の状況を説明しながら治療を進めていくと、大方の方は特に残り期間を気にされず、終了していくようです。自然と判断がついてしまうのでしょうね。

 

2014年11月10日

矯正教室では最初に、不正咬合の説明から始めます。そして矯正治療の方法、装置、治療の流れなど、大人、子どもに分けて説明し、期間、費用等の説明もあります。こうした説明はなるべくわかりやすいように全て画像を見ながらです。その後ご希望の方にお口を見せて頂きながら、個別のアドバイスを致します。
 最初の色々な説明が予備知識となりますので、後の個別のお話もわかりやすくなるようです。
 ということで矯正教室に参加された場合、ご自分あるいはお子様の不正咬合の状態を、より客観的に理解することが可能になるわけです。
矯正の知識の多少に関わらず、専門医の話を聞き質問することで、得られるものがあると思います。
 参加しやすいように、無料で、当院の通常の治療の流れとは切り離して開催しております。お時間はお話が30分くらいでしょうか。ほぼ毎月開催です。お気軽にどうぞ。

2014年11月 6日

 できるだけ歯を抜かないで矯正治療をしたいものです。でもやはり可能な場合とそうでない場合があります。
 歯の大きさと並び方、顎の骨の大きさや上下の位置関係、成長発育、など多くの要素を考えます。
 当然ながら一番重視するのは、やはり成長発育でしょうか。大人と子供、高校生と小学生ではやはり可能な範囲が大分違います。
 また歯が大き過ぎないこと、上下の顎の骨のバランスも重要です。
 一人一人で重視すべきことは微妙に異なります。検査データは大事ですが、矛盾することもあります。

« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

かたやま矯正歯科 院長 片山 綱

かたやま矯正歯科
http://www.hanarabi.biz/
院長 片山 綱

【略歴】
静岡高校 卒業
早稲田大学卒業
国家公務員上級職試から公的機関
東北歯科大学 入学
神奈川歯科大学大学院 修了
鎌田歯科矯正クリニック勤務

【所属団体・資格】
歯学博士(矯正歯科学臨床)
日本矯正歯科学会認定医
Tweed Course (USA)修了
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会 他
読売ウィークリー(読売新聞社)特集「頼れる矯正歯科医650人」に選ばれる(2008年)

医院サイトはこちら
かたやま矯正歯科医院サイト