2017年4月20日

痛くない治療

痛くない治療

大人でも同じですが、子どもの矯正治療では痛くないことは重要です。そのため当院では、痛みのない事を重視し、形はもちろん調節の量まで細心の注意を払って、子どもの矯正装置を製作使用します。

また、マルチブラケット装置では、初めて装置を装着するときは、極めて柔らかいワイヤーを使用し、その後、歯の動き具合に合わせて徐々にワイヤーの力を強くするなど、緻密なコントロールを行います。そして、最後も少し細めのワイヤーで仕上げます。こういった細やかな調整や配慮により、治療時の痛みはほとんどありません。

納得いくまで説明

納得いくまで説明矯正治療は、ご相談、検査、診断説明、診療開始から終了と 長期間にわたります。どのように治療するのか、費用は、に始まり、今どのくらい進んでいるのかなど、初めての方にとってはわからないことだらけです。

一度の長時間の説明より、毎回の短時間の説明の積み重ねの方がより治療状況を理解できると思います。従って当院では最初の詳しい説明はもちろん、毎回の状況説明、今後の見通しなど毎回の説明を欠かしません。これにより治療を受ける皆様、お母様方とのコミュニケーションも進み、診療室も和やかな雰囲気になります。

一人ひとりに合わせ装置は手作り

装置は手作り

現在、矯正治療において最も高性能かつポピュラーな方法であるエッジワイズ法は「スタンダードエッジワイズ法」「ストレートエッジワイズ法」に分けられます。

ストレートエッジワイズ法「ストレートエッジワイズ法」は、各歯の傾き方などを平均値としてあらかじめブラケットに組み込み、U字型のワイヤー(調節のないワイヤー)を入れると、平均値の位置関係に自然と歯が並ぶというシステムです。たとえるなら「平均的な体型の人を想定して作成・販売されている既製服」のようなイメージです。ですが、歯の形や大きさ、歯の位置関係というのは人それぞれですから、平均値が必ずしも個々の口腔内の状況に適しているとは言えません。

スタンダードエッジワイズ法一方、「スタンダードエッジワイズ法」は、ワイヤーを通すブラケットの溝が歯と平行で、歯面との距離も一定です。そのブラケットにワイヤーを通しながら、各歯が自然な位置関係で並ぶように、実際の状況に合わせてワイヤーを曲げ、細かく調節していきます。

つまり、ストレートエッジワイズ法が既製服なら、スタンダードエッジワイズ法は、個々の体の寸法を測ってていねいに仕立てるオーダーメイドと言えるのです。

当院では、「スタンダードエッジワイズ法」を用いて、一人ひとりの患者さんに合わせた矯正装置を手作りしています。歯1本1本の形、傾きに合わせてワイヤーの角度を微妙に調整することで、より効率的で効果的な治療を行います。

目立たない装置を使用

目立たない装置マルチブラケット装置は一昔前までは金属製のブラケット(歯面に接着する小さな部品)が主流だったため、"ギラギラして目立つ"という印象が強くありました。ですが、三次元的かつ精密な歯の移動を可能とするには、ワイヤー矯正が最も有効です。

現在では装置の改良が進み、ブラケットは小型化され、目立たない色のブラケット(審美ブラケット)が登場しています。当院では見えにくいセラミックブラケットを標準使用としています。

ただし、性能では金属製の方が優れている面もありますので、当院では、見えにくいブラケットを標準としながら、見えない箇所では金属製を使うなど、用いる箇所によって使い分けています。

まずはご相談ください

まずはご相談ください