開咬、叢生(大人) 抜歯ケース A.N様

装置:QH(クォードヘリックス)  マルチブラケット
■説明
下顎骨が大きめ、かつ左にずれている。歯は大、抜歯治療が適当と考えられます。
QH(クォードヘリックス)で上あごを拡大し、マルチブラケットを装着します。
症例
次へ

■治療後説明
外した時点ではわずかなずれが見られますが、良好な終了です。
症例

無料矯正教室の申し込み

まずはご相談ください

まずはご相談ください