年齢が進むと、治療の選択肢は減る

治療時期について治療に適切な時期が過ぎてしまったと思われる場合でも、矯正治療ができなくなるわけではありません。大人になってからでも矯正治療はできます。年齢が進むにつれて、選択可能な治療方法がだんだん減ってくると理解いただくのが正しいと思います。

たとえば、8~10歳の頃であれば歯を抜かずに治療することが可能だったけれど、中学生になってから矯正治療に入ったために抜歯が必要になるといったケースもあり得ます。ただし成長の個人差は非常に大きく、適切な時期そのものに違いがありますので、遅いように見えても実は遅くはない場合もあります。

いずれにしてもなるべく早め、できれば10歳くらいまでに専門医に相談されることが望ましく、遅くとも小学生のうちには相談、開始されることをお勧めします。また、中学生、高校生になってからでも可能な場合はありますので、一度ご相談ください。

まずはご相談ください

まずはご相談ください