歯を抜いたほうが良い治療ケースも多々あります

できるだけ歯を抜かない治療日本人は骨格的に「歯が大きく、あごの骨が小さいタイプ」が多いため、歯を抜かない矯正治療が困難な場合や、見た目の問題から歯を抜いて矯正治療した方が良いケースが多く見られます。

そのため「他院で抜歯を勧められた」「通常は歯を抜いて治療するケースだと言われた」という患者さんが「本当に抜くしかないのか...」「できれば抜きたくない」という思いで当院を訪れるケースもあります。

そんな中には、当院でも「抜歯が必要」という診断結果となるケースもあります。しかし、歯を抜かないで矯正可能なケースが多くあるのも確かなのです。

まずはご相談ください

まずはご相談ください